グリーンスムージーって?

●カロリーと理論

グリーンスムージーのカロリーは、以前にもふれたとおり、1杯50~70キロカロリーくらいです。(もちろん商品によって差はあります)
100グラムで187キロカロリーと、6枚切りの食パン(1枚177キロカロリー)よりもハイカロリーなアボカドをたくさんいれてしまうと、
当然カロリーは跳ね上がることになります。
ちなみに、「100グラムのアボカドって、どんな量か想像つかない」というひとも多いかと思いますので簡単に解説を加えておくと、
アボカド100グラムは、だいたいアボカド1個分のカロリーです。
さすが「森のバター」と言われるアボカド、あんなおとなしそうな外見をしておいて、予想を裏切るハイカロリーっぷりです。

前にもお話したとおり、グリーンスムージーは、青汁などよりははるかにカロリーが高いものです。
では実際に、このグリーンスムージーで1食置き換えした場合、本当にやせることができるのでしょうか。

実はこれに対する返答は、「やせられる」になります。

というのも、たとえグリーンスムージーがハイカロリーなものであったとしても、普通に食事をとるよりは、ずっとカロリーが低いからです。
20代~40代の中で、もっとも目安摂取カロリーが少ない40代の女性(家事労働やデスクワークのみで、運動を行わないひと)の場合、
1日の目安摂取カロリーは1700キロカロリーです。単純計算をして、1食567キロカロリーですよね。
これをグリーンスムージー(ここでは平均値の60キロカロリーで計算)に置き換えれば、507キロカロリーの制限に成功するわけです。

「体重1キロは何キロカロリーか」というのは諸説ありますが、7200キロカロリーという説をとれば、7200÷507=14.2ということになります。
つまり、2週間程度で1キロおちる、ということです。

 

|  カロリーと理論 |  値段を知りたい! |

 

ページの先頭へ戻る